東京大学医科学研究所附属病院総合診療科

がん免疫療法について

 私たちの体内では異常な「がんもどき」細胞が毎日数千個レベルで発生していると言われていますが、ご自身の免疫を監視する機構がその異常な細胞を排除するため、本物の「がん」は発生しません。しかし、その免疫監視機構が破綻すると異常な「がんもどき」細胞の1部が「がん」として成長し顔を出してきます。
 私たちはがん患者さんの免疫監視機構を回復・増強させ、ご自身の免疫力で「がん」を治そうとする新しい治療法(がん免疫療法)の開発を行なっています。  現在までにもいくつかのがん免疫療法の臨床研究や治験を科学的に行ってきました。これまでの結果では重篤な副作用は認められず、一部の患者さんでは良好な臨床効果が認められました。
 これらの経験を基に次世代のがん免疫療法の臨床研究を近々開始する予定です。

 また私たちは「がん」に対する標準治療化学療法や放射線療法などの経験も多く有しており、それらとの併用による複合免疫療法を提唱してきました。実際、最近の免疫療法開発の趨勢は単療法ではなく複合免疫療法の有用性が認識されてきています。

がん治療全般についての様々なご相談や、免疫療法などの新しい治療法についても、ご気軽にご相談ください。