東京大学医科学研究所附属病院総合診療科

炎症性腸疾患について

 炎症性腸疾患(IBD: inflammatory bowel disease)は小腸や大腸に原因不明の炎症がおこる病気で、その多くは潰瘍性大腸炎とクローン病です。
 潰瘍性大腸炎は大腸の粘膜にびらんや潰瘍が生じ、下痢、下血、腹痛を起こします。病変は基本的に直腸から口側へ連続的に拡がります。免疫系の異常が関わっているとされていますが、詳細な原因は不明です。治療は5アミノサリチル酸(5-ASA)製剤が基本で、無効例や重症例で副腎皮質ステロイド、免疫調整薬、抗TNFα抗体が使用されます。その他、血球成分吸着除去療法も用いられます。内科的治療の効果が乏しい重症例や重大な合併症には手術が適応になります。軽快と悪化を繰り返し慢性の経過をとることが多く、大腸癌のリスクが高まるため、定期的な内視鏡検査が必要です。
 クローン病は、大腸および小腸にびらん、潰瘍、狭窄を生じ、腹痛、下痢、体重減少などの症状が出現します。特に小腸と大腸の境界部(回盲部)に多く生じますが、腸以外でも、どの消化管にも起こる可能性があります。炎症・潰瘍が飛び飛びにできること、痔ろうを合併することが特徴です。また関節炎、皮膚病変など腸管外の合併症もみられます。原因は確定されていませんが、食事成分などに対する免疫反応の異常が考えられています。治療としては、栄養療法と薬物療法が並行して行われます。栄養療法は、タンパク質や脂肪を含まない栄養剤を投与し、食事の中の炎症の原因となる物質を避けます。薬物療法では5-アミノサリチル酸、ステロイド剤、免疫調整薬、抗体製剤が用いられます。瘻孔を形成したり、腸管の狭窄が強くなった場合には外科手術も検討されます。慢性の経過をとり、クローン病でも癌の発症リスクがあがるため定期的検査が必要です。